女性のためのナチュラルウェブマガジン

ビーウーマンネット




アート・趣味 ハンドメイド 仕事・ビジネス 仕事・資格 暮らし・ライフ

ハンドメイド販売サイト徹底比較!実際にショップ販売してみた

投稿日:

ハンドメイドをネットで売って見る!

手作りが大好きで、パッチワークのカバンや、刺繍の壁掛けなどをたくさん作っては、部屋に飾ったりお友達にもらってもらったりしています。でも作った小物がどんどん増えてきて、飾るにも友達にあげるにも、量がハンパ無くなってきました。

そこで、今流行のハンドメイドショップで販売してみよう!という気持ちになりました。現在ネットで行われているハンドメイド販売サイトにはどんなものがあるのか、調べてみましたよ♪

ハンドメイド販売サイトの種類と比較

ネットで手づくり作品を売るためには、販売サイトに登録しなければいけません。現在ハンドメイドショップはどんなものがあるでしょうか。

ショップ名 初期登録費 月額費・手数料 決済方法 販売代金受け取り
ミンネ

無料 10%+税 ミンネが代行 月末締めの翌月末払い

振込手数料172円

ココナラ

無料 販売総額に応じて10%+税 ココナラが代行 15日締め20日払い
振込手数料160円
クリーマ

クリーマ

無料 販売総額に応じて8%~12%+税 クリーマが代行 月末締めの翌月末払い
振込手数料172~270円
いいち

いいち

無料 20%+税 いいちが代行 月末締めの翌月20日払い
振込手数料172~270円
ハンズギャラリーマーケット

ハンズギャラリーマーケット

無料 12%+税 ハンズギャラリーマーケットが代行 月末締めの翌月末払い

振込手数料0円

ミンネの特徴

ミンネ
ミンネはGMOペパボ株式会社が運営するハンドメイド作品のオンラインマーケット。雑貨、アクセサリー、家具、ファッションなどなど様々なジャンルの作家がminneに登録・販売しています。登録は無料で、販売できたときの決済もミンネが代行してくれるので、初心者でも安心して取引きできます。 「自分で作った作品をまずは販売してみたい!」という方におすすめです。

■ミンネの初期登録費・・・無料
ミンネで作品を販売するためには、まずは作家として登録が必要です。登録には費用は一切かかりません。会員登録後、「作品を販売する」ボタンよりお客様情報の登録を行うと作品の販売を行うことができます。

■ミンネの月額費・手数料
月額費は無料ですが、商品が売れるたびに商品代金の10%+税が手数料としてかかります。入金時に差し引かれて入金されます。

■ミンネの匿名性について
ミンネでは匿名販売は行っていませんが、ネット上には自分の本名や住所は表記する必要はありません。商品を販売するときに必要な通販法表記には、運営会社の「GMOペパボ株式会社」の住所が掲載されています。商品を販売して、その商品の発送時に必要な宅配便の伝票には自分の住所・名前を書く必要があります。

■ミンネの決済方法
お客様が支払う決済方法には、 クレジットカード、キャリア決済、 Apple Pay、 Google Pay、 後払い決済、GMO後払い、 コンビニ払い、ゆうちょ振替、銀行振込があります。かなりの決済方法を網羅していて、購入者にとっては便利なショップです。

■ミンネの販売代金受け取り方法は?
ミンネでめでたく商品が販売できて、発送も完了したら、次は商品代金の受け取りです。売上げは、会員ページにて発送完了メールを送信した日が、売上確定日となります。売上の入金は月に1回で、毎月月末締めの翌月末払いです。売上は、指定の銀行口座に振込まれます。お振込み1回につき172円の振込手数料がかかります。
入金額の内訳は、
入金額=前月繰越金+売上-立替送料ー販売手数料-振込手数料
となります。
たとえば、はじめて1000円の商品が売れたとします。すると翌月末に
入金額=1000円ー立替送料(例:200円)-販売手数料(100円)-振込み手数料(172円)=528円
となります。52%の利益率と生ります。
大きい金額ならどのくらいになるでしょうか。販売金額が30,000円とすると
入金額=30,000円ー立替送料(例:1230円)-販売手数料(3,000円)-振込み手数料(172円)=25,598円
となります。85%の利益率と生ります。
送料や振り込み手数料の%が低くなるので、たくさん売るほど利益率は上がる仕組みです。

■ミンネの販売最低価格
ミンネの販売最低価格は300円です。どんなに安い設定にしたくても、300円以下では販売できません。規定がなかったとしても、送料のことを考えたら、300円でもぎりぎりかと思います。

ミンネサイトはこちら

ココナラ

ココナラ
ココナラは、2012年創業の株式会社ココナラが運営するハンドメイドマーケット。ハンドメイド作品を個人間で売買できるサイトです。 アクセサリーやファッションなど100以上のカテゴリがあり、随時作品数は30,000点以上販売されています。会員数も年々増え、現在は50万人以上登録されており、売り買いが盛んなサイトです。
また、ハンドメイド作品だけではなく、別のリンクからいけるスキルのフリマ「ココナラ」では独特なスキル出品カテゴリーがあり、たとえばイラスト作成や動画編集、ビジネスや私生活の相談まで何でも出品OKなんです。
たとえば、占います(2000円)、や、愚痴を聞きます(500円)、ブログ書きます(1000円)など、自分のスキルを販売することが出来ます(スキルのフリマ「ココナラ」でのみ)。占い、翻訳・語学、似顔絵・イラスト・漫画、美容・ファッション・健康、恋愛・結婚、動画・写真・画像、旅行・お出かけ、ライティングなど出品できます。

■ココナラの初期登録費・・・無料
ハンドメイド・ココナラも、スキル・ココナラもどちらも初期登録費用は無料。

ココナラの月額費・手数料
月額費は無料ですが、商品が売れるたびに販売総額に応じて10%+税がかかります。入金時に差し引かれて入金されます。

■ココナラの匿名性について
匿名販売は行っていませんが、ネット上には自分の本名や住所は表記する必要はありません。商品を販売するときに必要な通販法表記には、運営会社の「株式会社ココナラ」の住所が掲載されています。商品を販売して、その商品の発送時に必要な宅配便の伝票には自分の住所・名前を書く必要があります。

■ココナラの決済方法
お客様が支払う決済方法には、 クレジットカード、キャリア決済、 コンビニ払い、銀行振込があります。

■ココナラの販売代金受け取り方法は?
15日までに振込申請をした場合は20日払いで、最短5日で振り込まれます。振込手数料として160円が差し引かれますが、3,000円以上の振込申請の際は、振込手数料が無料になります。ですから、3000円貯まるまで待ってから申請をかけるとお得になります。

ココナラハンドメイドはこちらから

スキルのフリマ「ココナラ」はこちら

クリーマ

クリーマ
クリーマは、ハンドメイド・手作り・クラフト作品の通販、販売サイト。テレビでCMも行っている、知名度の高いハンドメイド販売サイトです。アクセサリーやファッション小物類が多く、ナチュラル系・癒し系グッズが中心に販売されています。

■クリーマの初期登録費・・・無料
クリーマは初期登録費用は無料。

クリーマの月額費・手数料
月額費は無料ですが、商品が売れるたびに販売総額に応じて8%~12%+税がかかります。入金時に差し引かれて入金されます。パーセンテージは、基本手数料を商品金額の12%(税別)とし、3ヶ月毎の確定売上金額に応じて決定されます。8%〜12%のひらきがあります。

■クリーマの匿名性について
匿名販売は行っていませんが、ネット上には自分の本名や住所は表記する必要はありません。商品を販売するときに必要な通販法表記には、運営会社の「株式会社クリーマ」の住所が掲載されています。商品を販売して、その商品の発送時に必要な宅配便の伝票には自分の住所・名前を書く必要があります。

■クリーマの決済方法
お客様が支払う決済方法には、 クレジットカード、キャリア決済、 コンビニ払い、銀行振込があります。

■クリーマの販売代金受け取り方法は?
月末までに振込申請をした場合はよく月末払いで振り込まれます。振込手数料として合計金額が30,000円未満の場合172円、合計金額が30,000円以上の場合270円かかります。

クリーマはこちらから

いいち

いいち
iichi(いいち)はハンドメイド・クラフト・手仕事品の販売・購入サイト。木工、陶器、ガラス、皮革、染織など、他サイトではあまり見られないハンドメイド作品も多数販売されています。手づくりという分野の幅が広いのが特徴です。

■いいちの初期登録費・・・無料
いいちは初期登録費用は無料。

いいちの月額費・手数料
月額費は無料ですが、商品が売れるたびに20%+税がかかります。販売代金の20%が成約手数料となります。

■いいちの匿名性について
匿名販売は行っていませんが、ネット上には自分の本名や住所は表記する必要はありません。商品を販売するときに必要な通販法表記には、運営会社の「Pinkoi Japan株式会社」の住所が掲載されています。商品を販売して、その商品の発送時に必要な宅配便の伝票には自分の住所・名前を書く必要があります。

■いいちの決済方法
お客様が支払う決済方法には、 クレジットカード支払い、コンビニ決済、銀行振込があります。

■いいちの販売代金受け取り方法は?
月末までに完了したお取引の「販売代金+送料」の合計額から成約手数料(作品代金の20%)と振込手数料を差し引いた金額が、翌月20日に振り込まれます。自分で申請しなくても自動で振り込まれます。

いいちはこちらから

ハンズギャラリーマーケット

ハンズギャラリーマーケット
ハンズギャラリーマーケットは、東急ハンズが運営する手づくり品を見て楽しむ、買って楽しむ、出展して楽しむギャラリー&マーケットです。東急ハンズが運営しており、作品はすべて販売しているわけではなく、手づくり品の発表場としても使えます。ハンズでの通販もここから出来ちゃいます。

■ハンズギャラリーマーケットの初期登録費・・・無料
ハンズギャラリーマーケットは初期登録費用は無料。

ハンズギャラリーマーケットの月額費・手数料
月額費は無料ですが、商品が売れるたびに12%+税がかかります。

■ハンズギャラリーマーケットの匿名性について
匿名販売は行っていませんが、ネット上には自分の本名や住所は表記する必要はありません。商品を販売するときに必要な通販法表記には、運営会社の「株式会社東急ハンズ」の住所が掲載されています。商品を販売して、その商品の発送時に必要な宅配便の伝票には自分の住所・名前を書く必要があります。

■ハンズギャラリーマーケットの決済方法
お客様が支払う決済方法には、 クレジットカード、コンビニエンスストア決済、ペイジー決済があります。

■ハンズギャラリーマーケットの販売代金受け取り方法は?
入金は月に一度、取引完了後の翌月末となります。振込手数料はかかりません。これはとてもうれしいですね。

ハンズギャラリーマーケットはこちらから

おすすめは?

ここまで見てきて、なんだかどこも良さそうだし、違いがわかりにくく、「じゃ~どこに出店するのが一番お得なの??」ときめかねてしまいます。そこで、私が出店してみて(登録のみのところもあります)一番出店しやすかった所は、ずばり「ミンネ」です。
ミンネは、ハンドメイドサイトの中でも一番の老舗で、とにかく客数が多いです。閲覧数も、他のサイトよりも1.5倍~物によっては3倍ほど多く閲覧されています。お気に入り登録数もダントツで多く、同じものを販売していても、たいていはミンネで購入されます。
これだけずば抜けて売れるのは、やはり、老舗なためリピート顧客が多いこと、お客様の安心感、定着率が高いことが考えられます。また、数年前までは「ハンドメイドショップ=ミンネ」と思われるほど、知名度が高いこともポイントです。最近ではクリーマもCMをしていますが、まだまだミンネのほうが閲覧数が多いですね。手数料も一律10%で安いですし、翌月には入金されるので回転率も良いです。もし、どこかひとつ、最初に販売を開始しようと思うなら、ミンネがおすすめです。




-アート・趣味, ハンドメイド, 仕事・ビジネス, 仕事・資格, 暮らし・ライフ
-, ,

Copyright© ビーウーマンネット , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.