親知らずに効く歯磨き粉は?

歯が痛い!どうして休みの日に限って・・・

kusuri

突然痛み出す「親知らず」。
歯が痛くなる日って、なぜか日曜日や祝日の、休日が多くありませんか?とても不思議ですよね。
でもこれも、理由があるのです。

日々ストレスをかかえて、仕事や学校に通っている人々。
日常の極度の緊張から解き放たれる休みの日には、ストレスがやっと爆発できる日として、
潜在的にからだが痛みを引き起こします。
緊張が緩んだ瞬間に、からだのもともと炎症を起こしていた部分が痛み出すのです。

だから、歯痛・親知らずの痛みなど、病院も休みの日に限って突然痛み出すことが多いんですね。

歯が痛い!親知らずに効く歯磨き粉は?

私も慢性的に、ストレスがたまる仕事をしていた時期、毎月毎月、必ず月末の休日に限って、
親知らずが痛みました。
親知らずの痛みは、どうして起こるのでしょうか。

もともと生えるべきではない場所に生える親知らず。おかしな方向や、ゆがんだ位置に
親知らずは生えることが多いです。
そのため、歯と歯の間に隙間が出来やすく、その部分に食べかすがたまりやすくなっています。
その食べかすが、歯磨きなどではとりづらく、腐敗して、歯茎に炎症を起こします。
疲れているときこそ、歯をシッカリと磨いたり、消毒薬で口を磨くようにすると良いです。

私が今行っているのは、歯周病を予防する歯磨き粉「システマ」に変えたら、
歯肉炎や歯周病、親知らずの炎症などがぴたりとやみました。

システマは、薬用歯磨き粉。
薬用の成分「イプシロン-ACA」が歯ぐきの炎症を抑えてくれて、歯周病を防ぎます。
殺菌をしっかりしてくれるので、システマに変えてからは、ぴたりと歯の炎症がなくなりました。

システマには、うがい薬もあり、これも毎日家に帰ってきたときに使用しています。

こちらにも薬用成分・・・ラウロイルサルコシンNa、イソプロピルメチルフェノール、イプシロン-アミノカプロン酸が入っています。

本来ならば口の中は自浄作用がはたらき、普段ならすぐに炎症を起こすことはありませんが、
ストレスがたまっていたり疲れているときには免疫力が下がり、病気にかかりやすくなります。
疲れているときこそ、睡眠をシッカリとって、口の中を清潔にすることを心がけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする